2月4日(日)
今日の月からのメッセージ

今日の月齢は23.6。
満月から9日目。
月は今日の16:26に蠍座から射手座のエリアへ移動。
12:24から16:28までがボイドタイム。
「欠けていく月」のサイクルも後半。
今日の月の力を借りて、スムーズに生きるヒントをチェックしてみましょう。

POSTED on
SHARE!

今日の月からのメッセージ

– 今日の月齢 : 23.6 –

今日の月齢は23.6。 暦の上では春の始まりであり、干支が新しく切り替わる「立春」です。

今年の干支は「甲辰」。 「甲」は樹木がぐんぐん伸び、まっすぐそそり立つ様を表します。 そして「辰年」は、陽の気が旺盛になり、万物が大きく成長する年。

そのため60年に一度の「甲辰」は、これまでに蒔いた努力の芽がぐんぐん成長し、ついに成功へと飛躍する年と言われます。

その成長を促すのが、すべてのものに平等に降り注ぐ「陽」の気。 今まで光が届かなかった場にも春の暖かな日差しが行き届く。

それはつまり、これまで報われなかった努力がようやく日の目を見るということ。 一方で、閉じ込めていた陰の部分が白日の元に晒されることにもなります。

そんな甲辰の年が始まる今日、月は蠍座から射手座のエリアへ。

蠍座は外界の光が届かないほどの深みに潜る星座。 そこで自分だけの宝物を見つけ、生まれ変わって生還します。

続く射手座は、自分の視界を遥かに超えた遠い理想へまっすぐ矢を放つ星座。 その矢は現実的な距離や制約を超え、私たちを未知の可能性の世界へ導きます。

これまでの苦しみも、これから訪れる混乱も。 すべては自分の小さな視野を超越した飛躍のための序奏。 自分を苦しめるためのものではなく、諦めかけていた本当の理想へと跳躍するため必要なもの。

その先には必ず明るい春の陽射しが降り注ぐ世界が待っていることを、忘れずにいて。

RECOMMEND

2月4日 / 今日の月の力を借りるおすすめアイテム

日本人にとって干支とは何か
東洋の科学「十干・十二支」の謎を解く

十二支と干支は違う?干支が切り替わるのは1月1日からじゃない?毎年「今年は⚪︎⚪︎年」などど言いながら意外と知らない、干支の秘密。そこには日本の歴史と文化に深く根付いた様々な真実が。干支にまつわる迷信や俗信が力を持つに至った背景と、十干・十二支が単なる迷信ではなく実は東洋の科学であった根拠を紐解く一冊。

LIVING WITH THE MOON

月のサイクルをもっと暮らしに取り入れる

次の新月

2024.7.6 (SAT)
7:57
- 蟹座の新月 -

次の新月まで…あと

おすすめコンテンツ

次の満月

2024.6.22 (SAT)
10:07
- 山羊座の満月 -

次の満月まで…あと

おすすめコンテンツ