12月10日(日)
今日の月からのメッセージ

今日の月齢は26.7。
満月から13日目。
月は昨日から蠍座のエリアに滞在中。
ボイドタイムはありません。
3日が後に新月を迎えます。
今日の月の力を借りて、スムーズに生きるヒントをチェックしてみましょう。

POSTED on
SHARE!

今日の月からのメッセージ

– 今日の月齢 : 26.7 –

今日の月齢は26.7。 月は今日、蠍座のエリアに。

目に見える世界の表層を突き抜け、物事の「本質」を見極める。 深遠な洞察力の持ち主である蠍座。

その視点は、自分自身にも向けられます。

私たちが「自分」だと思い込んでいるその姿。 人から見られ、評価される容姿、性格、能力…。

何かと思い通りでなく、限界に突き当たってばかりのその姿は、自分の「本質」ではない。 本質とはそんなちっぽけで薄っぺらなものではなく、自分のもっと奥深くに存在する深遠な「何か」。

それは例えば「たましい」といった言葉で表されるようなもの。 目に見えず、曖昧で不確かなそんな存在を、怪しげなものとして切り捨ててきた私たち。

でもそれは確かに存在します。 確信はなくとも、その存在を微かに感じ始めている人も多いはず。

「変容」の星座でもある蠍座。 幼虫がサナギになり、蝶へと見事な変身を遂げる。

固く守られたサナギの中で、幼虫は一度自分の身体を融解してしまいます。 カタチが無くなっても残る、自分の存在を支える「何か」。

どんな姿に、どうやって生まれ変わるべきかを知っているその「何か」。 それは誰の内側にも存在し、私たちの存在を密かに支えているもの。

今の自分に限界を感じる、何かがおかしいと感じる。 苦しみを伴い得る、そんな時こそ。 自分の「たましい」との失われた絆を結び直すチャンスかも。

RECOMMEND

12月10日 / 今日の月の力を借りるおすすめアイテム

河合隼雄
たましいに向き合う

日本人で初めてスイスのユング研究所で学び、「こころの問題」を考え続けた臨床心理学者、河合隼雄。「たましい」とは何か、どうすればその痛みを癒せるか。真摯に、真剣に、かつ温かくユーモアを忘れず向き合い続けた彼の道のりに触れる、初心者にもファンにもおすすめの一冊。

LIVING WITH THE MOON

月のサイクルをもっと暮らしに取り入れる

次の新月

2024.3.10 (SUN)
18:00
- 魚座の新月 -

次の新月まで…あと

おすすめコンテンツ

次の満月

2024.2.24 (SAT)
9:30
- 乙女座の満月 -

次の満月まで…あと

おすすめコンテンツ