3月17日(日)
今日の月からのメッセージ

今日の月齢は6.7、上弦の月。
新月から7日目。
月は今日の18:40に双子座から蟹座のエリアへ移動。
13:42から18:41までがボイドタイム。
「満ちていく月」のサイクルも折り返し。
今日の月の力を借りて、スムーズに生きるヒントをチェックしてみましょう。

POSTED on
SHARE!

今日の月からのメッセージ

– 今日の月齢 : 6.7 –

今日の月齢は6.7、上弦の月。 先週、魚座で生まれ変わった月が満ち続け、来週天秤座で満月を迎えます。

すべてを浄化し、まっさらなスタートに備える魚座。 その力を反映して始まった月のサイクル。

そして満月を前に「春分」という大きな節目が訪れます。 夜と昼の長さが同じになり、陽の気が優勢になり始める転換点である春分。

長かった冬から春へと季節が切り替わる。 暖かな陽差しを受け大地がゆるみ、木々の芽や花々が開き始める。

新たな季節の扉が開き、すべてが本格的に動きだすのが春分。

それは物語の新しい章が始まるのと同じ。 これまでの流れがどんなものであっても。

何もかもゆるし、手放すことで12星座のサイクルを締め括る魚座のように。 私たちもすべてリセットし、白紙のスタートを迎えることができます。

一年に四季があり、冬は必ず終わり春へと季節が移り変わるように。 私たちの人生にも陰と陽のコントラストがあります。

満月を迎える天秤座は「調和」の星座。 何かに傾き過ぎたバランスをそっと整え、世界に調和をもたらします。

ここまで「陰」ばかりを経験していたなら。 魚座新月、春分を経て訪れる天秤座満月は「調和」を取り戻す絶好の契機。

春は確実に訪れる。 そして私たちの生も間違いなく、自然のサイクルの一部。

そのことを思い出し、この大きな新しい流れに乗るため。 視野を大きく広げ、深呼吸する時間を作ってみて。

RECOMMEND

3月17日 / 今日の月の力を借りるおすすめアイテム

日本の七十二候を楽しむ
旧暦のある暮らし

春分は「旧暦」の二十四節気の一つ。月の満ち欠けを基準とした旧暦では、季節を二十四に分け、さらに細かく七十二の季節に名前を与えています。旬の野菜や果物、魚、野鳥、草花、折々の風や雲の名前…。季節の移り変わりを感じ、心豊かに暮らすための七十二候の知恵とことばの数々をイラストと共に紹介。

LIVING WITH THE MOON

月のサイクルをもっと暮らしに取り入れる

次の新月

2024.5.8 (WED)
12:21
- 牡牛座の新月 -

次の新月まで…あと

おすすめコンテンツ

次の満月

2024.4.24 (WED)
8:48
- 蠍座の満月 -

次の満月まで…あと

おすすめコンテンツ